火の粉剤(読み)ひのこざい

世界大百科事典内の火の粉剤の言及

【発光剤】より

…光を出すのに用いられる薬剤。炎光剤と火花剤,火の粉剤がある。炎光剤の炎は高温の気体反応により原子や分子のスペクトルを出すもので,その温度が1700~2300℃の低温系のものと2700℃以上の高温系のものがある。…

※「火の粉剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android