コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火叩き ヒタタキ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐たたき【火×叩き】

消火用具の一。竹ざおの先に30センチぐらいに切った縄の束をつけたもので、これでたたいて火を消す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひはたき【火叩き】

タバコの吸い殻をキセルからはたき出すのに用いるもの。銀・銅などで小さな杯状に作り、タバコ入れの根付けに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火叩きの関連キーワードヒタキ(鶲)タバコ入れキセルタバコ(ディモフの小説)

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android