コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰ホウ石 かいほうせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灰ホウ石
かいほうせき

コールマン石」のページをご覧ください。

灰ホウ石
はいほうせき

コールマン石」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の灰ホウ石の言及

【ホウ酸塩鉱物(硼酸塩鉱物)】より

…そのためホウ酸塩鉱物としては100種類以上知られている。主なものはカーン石kernite Na2B4O6(OH)2・3H2O,灰ホウ石colemanite CaB3O4(OH)3・H2O,ルードウィ石ludwigite (Mg,Fe2+)2Fe3+(BO3),ホウ砂などである。これらは重要なホウ素資源で,その成因は火山噴気に起因するものが多く,砂漠地方,塩湖地帯に鉱床を形成する。…

※「灰ホウ石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灰ホウ石の関連キーワードホウ酸塩鉱物(硼酸塩鉱物)

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android