コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線航法 ムセンコウホウ

デジタル大辞泉の解説

むせん‐こうほう〔‐カウハフ〕【無線航法】

電波航法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

無線航法【むせんこうほう】

電波航法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の無線航法の言及

【航法】より

…電波航法は,基準点(局)から発信される電波を移動体において受信して位置を求めることを基本として,移動体を目的地に導くものである。1920年前後に無線航法の名称で利用されて以来,着実に利用度が高まり,現在は航法の中心的な存在となっている。最後の自立航法は,用語としては十分熟しているとはいいがたいが,移動体外の外的基準を必要としない航法で,基本的には針路と距離,あるいは距離と距離による位置決定をもとに,移動体を移動させるものである。…

【電波航法】より

…無線航法ともいう。電波の直進性や定速性を利用して,航海情報や飛行情報を収集し,航法の用に供するシステムをいう。…

※「無線航法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無線航法の関連キーワードNDB(nonフェーズドアレイアンテナ自動方向探知装置TACAN航空航法航空通信航空路VOR航空図航法

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android