コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦がれ コガレ

デジタル大辞泉の解説

こがれ【焦がれ】

思い焦がれること。
「蚊やり火は煙のみこそたちあされ下の―は我ぞわびしき」〈相模集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こがれ【焦がれ】

こがれること。 「蚊やり火は煙のみこそたちあされ下の-はわれぞわびしき/相模集」
焦げた飯。こがれいい。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焦がれの関連キーワードエンディミオン(キーツの物語詩)キャスリーン ヘイグル水に燃えたつ蛍首を長くするナルキッソス厳島の本地大旱の雲霓焦がれ死にテレマコスナウシカア蚊やり火たちきり賽の河原横笛草子プラトン思ひ増す藤原定家恋い死に思ひ死ぬスイセン

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焦がれの関連情報