コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野坐神社 クマノニマスジンジャ

大辞林 第三版の解説

くまのにますじんじゃ【熊野坐神社】

和歌山県田辺市本宮町本宮にある神社。熊野三山の一。主神は家津美御子大神。今は熊野本宮大社と称する。本宮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の熊野坐神社の言及

【熊野信仰】より

…おそらく,熊野は死者の霊のこもる国として知られていたのであろう。それはやがて聖地と仰がれ,平安時代初期には,熊野坐(くまのにます)神社(のちの本宮),熊野早玉(はやたま)神社が成立し(《延喜式》),同中期にはその一角で埋経も行われ,卒都婆も建てられていた(《いほぬし》)。11世紀中ごろから,上記2社のほかに熊野那智神社が加わり,熊野三所権現,熊野三山などと総称されるようになった。…

※「熊野坐神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

熊野坐神社の関連キーワード和歌山県田辺市本宮町本宮熊野本宮大社新宮[市]鈴木松太郎家都御子神熊野三山本宮主神

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊野坐神社の関連情報