爆発圧接(読み)バクハツアッセツ

世界大百科事典内の爆発圧接の言及

【爆発成形】より

…その一つは管状材料の内部に衝撃波を発生させ,材料を外側の型に押しつけて成形したり,板材の片面側からの衝撃波で板を型に押しつけて成形するという形式のものである。他は,成形という言葉をあてるのには少々疑義もあるが,2枚以上の板材を重ねて爆発力によって圧接する,爆発圧接または爆着と呼ばれる加工である。後者の場合のエネルギー源は火薬に限られている。…

※「爆発圧接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android