コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆着 バクチャク

2件 の用語解説(爆着の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばく‐ちゃく【爆着】

爆薬の圧力によって同種または異種の金属を圧接する加工法。クラッド鋼のように物性が異なる金属の圧接に用いられたが、近年はプレス機による加工が主流となっている。爆発圧接

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爆着
ばくちゃく
explosive bonding

爆薬の爆発圧力により金属を圧接する方法。分離法では、爆薬は被加工材の表面から離れて装着され、圧着される対(つい)の材料は重ねてある。爆発のエネルギーは適当な媒体(普通は水)を介して被加工材に伝えられる。被加工材に導入された衝撃波は少量の塑性変形を引き起こし、圧着が実現される。圧着の機構については種々の説明があるが、発生した圧力、被加工材の界面における金属の急速な流動により被加工材表面の酸化膜が粉砕され、圧力により両材料の表面の原子どうしが金属結合を形成するところまで接近する。金属結合の形成とともに、衝突と変形により生じた熱によって両材料の界面を通して原子の拡散がおこる。条件によっては界面近傍の温度はその材料の溶接温度あるいはそれ以上に達して溶接が行われる。
 接触法の場合には、爆発によりおこった塑性衝撃波とともに材料表面近傍にいわゆるジェット流がおこり、これが材料表面の酸化膜を粉砕するとともに、衝突した両材料の表面の原子を接近させて金属結合を形成させる。このとき界面の金属が固相であるか液相であるかは作業条件に依存する。この方法は日本では厚板のクラッド材の製造に、かなり積極的に利用されている。爆着部の強さは母材より高いのが普通である。とくに異種金属の接合が容易である。[志村宗昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の爆着の言及

【爆発成形】より

…その一つは管状材料の内部に衝撃波を発生させ,材料を外側の型に押しつけて成形したり,板材の片面側からの衝撃波で板を型に押しつけて成形するという形式のものである。他は,成形という言葉をあてるのには少々疑義もあるが,2枚以上の板材を重ねて爆発力によって圧接する,爆発圧接または爆着と呼ばれる加工である。後者の場合のエネルギー源は火薬に限られている。…

※「爆着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone