コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片こう配 かたこうばい

世界大百科事典内の片こう配の言及

【道路】より

…地形・地質に応じた形状をとり,曲線部は緩やかに曲がり,坂も緩やかにするのが自動車の走行上は望ましいが,前述のように建設費,維持管理,土地利用,環境などの面から制約を受ける場合も多い。(1)曲線半径と片こう配 自動車は曲線部では遠心力により外側に押し出される力を受ける。タイヤと路面の間の摩擦力や路面を内側に傾けて(これを片こう配という)これを防ぐが,このときの設計速度vD(m/s),曲線半径R(m),片こう配iの間の関係は,で表される。…

※「片こう配」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone