コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片開き分岐器 かたびらきぶんきき

世界大百科事典内の片開き分岐器の言及

【鉄道】より


[分岐器turnout]
 分岐器とは軌道上の車両を他の軌道に分岐させるため,あるいは他の軌道と交差させるための設備であって,一般に普通分岐器と特殊分岐器に大別される。普通分岐器には直線から分岐する片開き分岐器,両開き分岐器,振分け分岐器,曲線から分岐する内方および外方分岐器があり,特殊分岐器には乗越し分岐器,複分岐器,ダイヤモンドクロッシングなどがある。分岐器の基本型である片開き分岐器はポイント部(転てつ器部),リード部およびクロッシング部(轍叉(てつさ)部)に大別され,クロッシング部はクロッシングとガードで構成されている(図3)。…

※「片開き分岐器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone