特別関係(読み)とくべつかんけい

世界大百科事典内の特別関係の言及

【犯罪】より

…これを〈法条競合〉と呼ぶ。例えば,背任罪(刑法247条)と特別背任罪(商法486条以下)の両方にあたる場合(これを〈特別関係〉と呼ぶ),現住建造物放火罪(刑法108条)と非現住建造物放火罪(109条1項)の両方にあたる場合(これを〈補充関係〉と呼ぶ),未成年者拐取罪(224条)と営利拐取罪(225条)の両方にあたる場合(これを〈択一関係〉と呼ぶ)。強盗罪(236条)と暴行罪(208条)の両方にあたる場合(これを〈吸収関係〉と呼ぶ)がこれにあたる。…

※「特別関係」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別関係の関連情報