特定環境保全公共下水道(読み)とくていかんきょうほぜんこうきょうげすいどう

世界大百科事典内の特定環境保全公共下水道の言及

【下水道】より

…そのほかの公共下水道としては,主として工場・事業場の排水をまとめて処理する特定公共下水道がある。また,湖沼の環境保全や農山漁村における排水対策として,人口規模の小さい集落(1000人以上)に対しても特定環境保全公共下水道が実施されている。さらに集落の規模が1000人より小さい場合に建設省が中心になり小規模下水道の整備が進められており,一方,農林水産省も農村下水道の建設を農業基盤整備の一環として進めている。…

※「特定環境保全公共下水道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android