特異性大腸炎(読み)とくいせいだいちょうえん

世界大百科事典内の特異性大腸炎の言及

【大腸炎】より

…消化管全般にわたる炎症の部分的な現象として現れたり,また独立して大腸に現れたりする。特異性大腸炎と原因不明の非特異性大腸炎に分けられ,特異性のものとしては,細菌性赤痢,粘膜侵入性大腸菌,腸管出血性大腸菌(O‐157),カンピロバクター腸炎,大腸結核症,淋菌性直腸炎,クラミジア直腸炎,大腸放線菌症,アメーバ赤痢,日本住血吸虫症,バランチジウム症などがあり,非特異性の大腸炎としては,潰瘍性大腸炎,大腸クローン病(肉芽腫性大腸炎),非特異性(単純性)結腸潰瘍,ベーチェット病,放射線照射性大腸炎,大腸憩室炎,虚血性大腸炎,偽膜性大腸炎,抗生物質惹起性大腸炎,尿毒症性大腸炎などがある。炎症の部位による分類では,盲腸炎,虫垂炎,左半結腸炎,区域性大腸炎,S状結腸炎,直腸炎,小腸大腸炎,全大腸炎などがある。…

※「特異性大腸炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android