特種部落(読み)とくしゅぶらく

世界大百科事典内の特種部落の言及

【特殊部落】より

…この言葉は,1907年の政府の全国部落調査の際に用いられたように,日露戦争後の部落改善政策の中で行政機関が使い,新聞記事などによって民衆の間にも広まったが,主として被差別部落の起源を異民族に求め,部落の人々の祖先を古代の朝鮮半島からの〈渡来人〉や律令国家の征服した〈蝦夷(えぞ)〉などとする誤った歴史認識にもとづくものである。それゆえに明治・大正期には,しばしば〈特種部落〉とも記されていた。被差別部落の人々の祖先は,天皇家によって統一された日本民族の内部では〈異種〉であり,神聖な〈貴種〉に対比して〈賤種〉であると賤(いや)しめたのである。…

※「特種部落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android