犯罪統計書(読み)はんざいとうけいしょ

世界大百科事典内の犯罪統計書の言及

【司法統計】より

…71年より現名称)。犯罪関係の統計は,犯罪の発生・取締状況については警察庁から〈昭和○○年の犯罪〉という名称の統計年報が出されており(1943年から63年までは犯罪統計書),検察庁の受理・処理状況については検察統計年報(以前は司法省刑事統計年報といった),行刑や少年の保護状況については矯正統計年報(1891年刊行の監獄統計年報が1921年行刑統計年報となり,61年現名に改称),更正保護の領域では保護統計年報が,法務省司法法制調査部より刊行されている。【岩井 宜子】。…

※「犯罪統計書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android