コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野勝川院 かのう しょうせんいん

美術人名辞典の解説

狩野勝川院

幕末・明治の画家。木挽町狩野家最後の人。江戸生。晴川院養信の長男。名は雅信、別号に素尚斎。父から画を学び、法眼に叙せられる。門人狩野芳崖橋本雅邦らがいる。明治13年(1880)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

狩野勝川院の関連キーワード狩野雅信山本養和

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android