コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野養川院(読み)かのう ようせんいん

美術人名辞典の解説

狩野養川院

江戸後期の画家。木挽町狩野家七世。栄川院典信の長男。名は惟信、幼名は栄次郎、別号に玄止斎。画を父に学び、父の歿後その跡をついで幕府の奥絵師となり法印に叙せられる。文化5年(1808)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android