コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野惟信 かのう これのぶ

2件 の用語解説(狩野惟信の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野惟信

狩野養川院

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野惟信 かのう-これのぶ

1753-1808 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦3年10月15日生まれ。狩野栄川の長男。寛政2年(1790)父の跡をうけ,木挽町(こびきちょう)狩野家をつぐ。のち法印となる。江戸城障壁画や京都御所関係の絵事をおおく手がけた。文化5年1月9日死去。56歳。号は養川院,玄之斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

狩野惟信の関連キーワード新井養雪維明小佐川常世(2代)島富重樗雲津田外記細井錦城水村不言三縄桂林森陽信

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone