独り居(読み)ヒトリイ

大辞林 第三版の解説

ひとりい【独り居】

( 名 ) スル
ただひとりでいること。ひとりぐらし。 「かかる-し給ひつつ、身を焦し給ふ事絶えざりけり/狭衣 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独り居の関連情報