コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪狩(り)/鹿狩(り)/獣狩(り) シシガリ

デジタル大辞泉の解説

しし‐がり【×猪狩(り)/鹿狩(り)/獣狩(り)】

山野に入り猪(いのしし)・鹿(しか)などのを狩ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

猪狩(り)/鹿狩(り)/獣狩(り)の関連キーワードメレアグロス(ギリシア神話の英雄)カリドンの猪狩りマイウェイ昌彦振鷺亭(初代)いかりや 長介タウンハウス笹村 草家人メレアグロスフーリエ級数横田屋新兵衛ショパン猪狩ステシコロス長田円右衛門高千穂神社猪狩 又蔵アタランテ夏木かおりオイネウスイビュコスカリュドン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android