コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿女君 さるめのきみ

百科事典マイペディアの解説

猿女君【さるめのきみ】

天鈿女(あめのうずめ)命

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の猿女君の言及

【天鈿女命】より

…この神は,天孫降臨の際に一行を待ち伏せた異形の神を屈服させ,猨田彦大神(さるたひこのおおかみ)という名やその参上の由来を明らかにした。この功によりウズメの裔は猿女君(さるめのきみ)と称することになったという。猿女,猿楽の〈猿〉は〈戯(さ)る〉の意で,猿女という名も宮廷神事に滑稽なわざを演ずる俳優(わざおぎ)を意味した。…

【猨田彦大神】より

…天孫降臨の後アメノウズメに送られてサルタヒコは伊勢に帰る。以上の功によりアメノウズメの裔(すえ)は猿女君(さるめのきみ)(猿女氏)とよばれることになったと伝える。後にサルタヒコが伊勢の海でヒラブ貝に手をはさまれて溺れかかった話がつけ加えられている。…

※「猿女君」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

猿女君の関連キーワード天鈿女命・天宇受売命猿田彦命天児屋命稗田阿礼天鈿女命天太玉命

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android