コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天鈿女命/天宇受売命 アマノウズメノミコト

6件 の用語解説(天鈿女命/天宇受売命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あまのうずめ‐の‐みこと【天鈿女命/天宇受売命】

日本神話で、天照大神(あまてらすおおみかみ)天(あま)の岩屋に隠れた際、その前で踊り、大神を誘い出した女神。天孫降臨五伴緒神(いつとものおのかみ)として従い、天の八衢(やちまた)にいた猿田彦神道案内をさせた。猿女君(さるめのきみ)の祖神。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天鈿女命【あめのうずめのみこと】

日本神話にみえる神の名。〈うずめ〉は舞踊をつかさどった巫女(みこ)の意とされる。猿女君(さるめのきみ)の遠祖。天照大神天の岩屋戸に隠れたとき,半裸で舞って諸神を笑わせ,それによって大神を誘い出した。
→関連項目岩戸神楽お亀鎮魂祭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天鈿女命 あめのうずめのみこと

記・紀にみえる神。
猿女君(さるめのきみ)の祖先神。天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸にこもったとき,おどって大神を岩戸からさそいだした。また天孫降臨の際,瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に五部神(いつとものおのかみ)の一神としてしたがい,途中猿田彦神(さるたひこのかみ)と問答をし,道案内をさせた。「古事記」では天宇受売命。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

天鈿女命

古代に宮中の祭りで巫女の役をした,猿女の祖先の女神。『古事記』では天宇受売命。天岩屋戸の内に隠れた天照大神(アマテラスオオミカミ)を招き出すための祭りで,伏せた桶を踏みとどろかして踊りながら,乳房と陰部を剥き出して,天神たちを哄笑させた。怪しんだアマテラスが,岩戸を少し開け,わけをたずねると,「あなたより,もっと尊い神がいられるので,喜んでいるのです」と答えて誘い,天手力男神に手を取られて,アマテラスが岩屋から引き出され,暗黒だった世界がまた陽光に照らされることになった。邇邇芸命(ニニギノミコト)が地上に降ろうとしたとき,道を塞いでいるようにみえた猿田毘古神(サルタビコノカミ)の面前でも,笑いながらやはり乳房と陰部を剥き出して見せて,この神に名を明かさせ,日向(九州の南部)の高千穂の峰まで,ニニギの降臨を先導する役を務めさせた。サルタビコを,伊勢(三重県)の五十鈴川の川上まで送ったのち,魚類を集め天神の御子ヘの奉仕を誓わせたが,ナマコだけが返答せずに黙っていたので,小刀でその口を裂いた。それでナマコは,今でも口が裂けているのだという。裸体露出により,太陽女神や日の御子が,世界に出現するための道を開く働きを,繰り返し果たしている点で,古代インドの神話で,夜明けごとに,東天に裸体をくまなく露呈することで,太陽の通る道を開くとされているうえに,「鎖された岩屋の戸を開く」ともいわれている,曙の女神ウシャスに酷似している。<参考文献>吉田敦彦『ヤマトタケルと大国主』

(吉田敦彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あめのうずめのみこと【天鈿女命】

日本神話にみえる神の名。記紀神話に登場する女神の名。神事の際,頭に挿す枝葉や花を〈うず〉といい,ウズメとはこれを挿した女,巫女の意であろう。この神は,天(あま)の岩屋戸の神話で,伏せた槽(おけ)の上でそれを踏み鳴らしつつ性器もあらわに神憑(かみがか)りして舞い狂い,天照大神(あまてらすおおかみ)を岩屋戸から引き出すことに成功した。この狂態はシャーマンのものであった。シャーマンは騒擾楽器の音とともに恍惚状態に入り,魂を霊界におもむかせ,そこで得てきた霊力をもって病める肉体や魂の治癒をはかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天鈿女命
あめのうずめのみこと

天岩戸(あめのいわと)神話のなかに出てくる女神。天岩戸にこもった天照大神(あまてらすおおみかみ)を引き出すために、胸乳をかき出し、裳(も)の紐(ひも)を陰部まで押し下げて踊った(『古事記』)。また、天孫降臨の際、先導した猿田彦(さるたひこ)神に対しても、同じようなポーズで向かい合っている(『日本書紀』)。しばしば性的なしぐさを演じるのだが、これは、この神を祖神とする猿女君(さるめのきみ)のつかさどった鎮魂祭と関係がある。前者は、この鎮魂祭を基盤にし、衰弱した太陽神に、性の生成力によって、活力を与えているものであり、後者の場合は、他界にいる邪悪なるものを、性の生成力によって打ち破ろうとしているのである。いずれも性的儀礼である。[守屋俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天鈿女命/天宇受売命の言及

【天の岩屋戸】より

…神々は集まって評議し,中臣(なかとみ)氏の祖天児屋命(あめのこやねのみこと),忌部(いんべ)氏の祖太玉命(ふとたまのみこと)などに祭りを行わせた。そのとき猿女(さるめ)氏の祖天鈿女命(あめのうずめのみこと)が槽(おけ)をふみとどろかし神憑(かみがか)りして,胸乳もあらわに踊り狂ったので神々は大いに笑った。それを怪しみアマテラスが岩屋戸から少し出たところを手力雄神(たぢからおのかみ)がぐいと外に引き出すと,世界はまた照り輝いた。…

【芸能】より


[日本の芸能の歴史]
 日本の芸能は村々における神祭りの場を母胎として花をひらいた。《古事記》や《日本書紀》所載の天の岩屋戸(あまのいわやど)における天鈿女(あめのうずめ)命の演じた俳優(わざおぎ)は,冬至のころ人と自然の生命力を更新させるために,植物を身につけた巫者が神がかりして鎮魂の所作や託宣を行った古代のシャマニズム儀礼の形を示している。大和朝廷では猿女(さるめ)氏や物部(もののべ)氏がこれを行い,のち芸能化して神楽(かぐら)の基を作った。…

【稗田阿礼】より

…この論争はいまだに続いているが,アレという語が神の誕生を意味する古語で,それに立ち会う巫女の名にふさわしいこと,《古事記》にはあきらかに巫女の霊能への共感が示されていることなどの理由から巫女とみるべきだろう。さらに平安朝のものとはいえ,阿礼が天鈿女(あめのうずめ)命の後裔(こうえい)であるとする資料(《弘仁私記》序)も見逃せない。アメノウズメは,天の岩屋戸神話,天孫降臨神話などでシャーマン的な能力を発揮した女神で,猿女(さるめ)氏の祖である。…

※「天鈿女命/天宇受売命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone