コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿楽能 さるがくのう

大辞林 第三版の解説

さるがくのう【猿楽能】

〔「猿楽の芸能」の意〕
能・能楽の古い呼び名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の猿楽能の言及

【猿楽】より

…これらが総合されて,メロディ楽器として横笛(いわゆる能管),リズム楽器として小鼓・大鼓・太鼓をともなう,歌舞・音曲・せりふ劇が大成するのである。これを猿楽能と呼んでいいであろう。 平安期,猿楽者の中には神社や寺院に属して法会や祭礼に参勤し,法呪師(呪師)の役を代行する呪師猿楽と呼ばれる存在があった。…

【能】より

…日本芸能の種目名。通常,猿楽能を指す。広義には歌舞劇の一般名で,ほかに田楽能(でんがくのう)(田楽)があり,延年の歌舞劇を便宜上,延年能と呼ぶこともある。…

※「猿楽能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

猿楽能の関連キーワード御田祭[吉良川]水海田楽・能舞能郷の能・狂言田楽(芸能)でこまわし多武峰猿楽日本演劇日本舞踊柳生宗冬日本音楽大償神楽佐陀神能素襖脱ぎ神楽面馬芝居同朋衆手傀儡能楽芸能うた

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android