王の耳(読み)おうのみみ

世界大百科事典内の王の耳の言及

【サトラップ】より

…サトラップは王の代理として州の行政,治安,裁判をつかさどり,州民の召集軍を指揮し,定められた額の税を徴収して王に納めた。広大な権限を有するサトラップを監督するために〈王の目〉(巡察官)や〈王の耳〉(密偵)が派遣されたが,その自立的傾向を抑えることは難しく,アルタクセルクセス2世時代には約10年間にわたって西部諸州の反乱が起きている。ペルシアを征服したアレクサンドロス大王は帝国支配のためにサトラップ制を継承するとともに権限の抑制につとめ,その政策はヘレニズム諸国家に受けつがれた。…

※「王の耳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android