コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代詩(読み)ゲンダイシ

デジタル大辞泉の解説

げんだい‐し【現代詩】

20世紀初めごろから書かれた。日本では特に、第二次大戦以後に書かれた詩をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の現代詩の言及

【自由詩】より

…〈民衆詩派〉以後のそういう無詩学的な堕落に抗しておこったのが,昭和初頭の《詩と詩論》の運動で,これによって,韻文否定の自由詩は,さらに一転して,そこに新しいポエジーをつくりだしたのである。《詩と詩論》の運動を経たのちは,〈自由詩〉という名称はもちいられないで,それに代わって,もっぱら〈現代詩〉といわれ,今日にいたっている。ちなみに,自由詩はまた,散文詩というものと概念的に異なるものであることをつけ加えておく。…

※「現代詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現代詩の関連情報