コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑩生 えいしょう

世界大百科事典内の瑩生の言及

【麻紙】より

…そこで槌で紙を打つ打紙(うちがみ)や動物のきばで磨く瑩紙(えいし)などの加工をして,書きやすくしなければならない。写経所には,その作業を行う瑩生(えいしよう)がいた。こうした原料処理の困難や書きにくさなどのため,平安時代の中期ころには,麻紙の製法は絶えたものとみられる。…

※「瑩生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報