コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環濠 カンゴウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ごう〔クワンガウ〕【環×濠】

周囲にを巡らすこと。堀で囲むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の環濠の言及

【周濠】より

…古墳時代中期には,墳丘の巨大化に伴う外部施設の整備の一環として,著しい発達をとげ,大阪府古市・百舌鳥(もず)古墳群などでは,墳丘との統一企画のもとに,二重,三重の盾形周濠が掘削された。なお,竪穴住居址の壁に沿う浅い溝や,墳墓のまわりの堀でも小規模なものは周溝といい,規模が大きくても集落を取り巻く堀などは環濠と呼び分けることが多い。【和田 晴吾】。…

※「環濠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

環濠の関連キーワード大阪府大阪市平野区平野宮町池上曽根遺跡・池上曾根遺跡奈良県磯城郡田原本町保津原の辻(はるのつじ)遺跡田和山(たわやま)遺跡奈良県大和郡山市稗田町奈良県大和郡山市若槻町奈良県天理市竹之内町大塚ワットエクプノンバンテアイサムレ大塚歳勝土遺跡大阪府堺市堺区アンコールトム池上曾根遺跡池上曽根遺跡唐古・鍵遺跡吉野ケ里遺跡松菊里石棺墓吉野ヶ里遺跡

環濠の関連情報