周囲(読み)しゅうい

精選版 日本国語大辞典「周囲」の解説

しゅう‐い シウヰ【周囲】

〘名〙
① もののまわり。ぐるり。また、その長さ。四囲
太平記(14C後)二四「(シウイ)三百里に見へたる池水」 〔韓愈‐送区弘南帰詩〕
② ある事物、人物などをとりまく環境外界
(1911)〈徳田秋声〉「お銀の生立、前生涯、家柄、その周囲の人達」
③ 数学で、円周の長さ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「周囲」の解説

しゅう‐い〔シウヰ〕【周囲】

もののまわり。ぐるり。また、周辺。「周囲を木でかこまれた家」
まわりの長さ。外周。「周囲五キロの島」
円周の長さ。
まわりの人や事物。「子供は周囲の影響を受けやすい」
[類語]周辺ぐるり周縁周回外周辺り近辺四辺四方四囲四面八方まわり近く付近界隈かいわい近傍一帯へん見渡す限り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「周囲」の解説

【周囲】しゆうい(しうゐ)

まわり。〔堂書鈔一五〇に引く、、徐整、長暦は徑千里、圍三千里、北()より下ること七千里なり。

字通「周」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android