コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村西湖 たむら せいこ

2件 の用語解説(田村西湖の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村西湖 たむら-せいこ

田村元長(たむら-げんちょう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田村西湖

没年:寛政5.1.19(1793.3.1)
生年:延享2頃(1745)
江戸中期の博物学者。名は善之,通称は 元長,西湖は号。田村藍水の長男で,栗本丹洲 は実弟。父を継いで官医となり,藍水没(1776)後,江戸派本草学の中心のひとりとして活躍した。父をしのぐ学識といわれたが,若くして没したためか,著作は少ない。多紀家(幕医)の医学教育機関・躋寿館(のち幕府の医学館)の薬品会を主導したこと,寛政3(1791)年に幕府の命で小笠原諸島に向かったが,目的を達せられず,伊豆諸島を調査したことが知られる。このとき作成した『豆州諸島物産図説』は同諸島の最初の博物誌で,西湖の主著。ほかに『物品彙考』などが伝わる。

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田村西湖の関連キーワード鴻池宗貞竹川政辰徳力善水名倉安興藤山惟熊狩野種信青木元愷里見藤右衛門《アマゾン河の博物学者》《ラ・プラタの博物学者》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone