由良妙印尼(読み)ゆら みょういんに

朝日日本歴史人物事典の解説

由良妙印尼

生年:生没年不詳
戦国・安土桃山時代の武家の女性。夫は由良成繁。父は館林城(群馬県館林市)城主赤井重秀。天正6(1578)年,成繁の死後家督を継いだ息子国繁は,北条氏に服属せず小田原で拘束された。城主不在の金山城(群馬県富士見村)を守って軍勢を指揮するが,降伏,城を失う。北条氏滅亡後の慶長3(1598)年,豊臣秀吉妙印尼の働きを讃え,その子孫に常陸(茨城県)牛久の地を与えたという。

(真下道子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android