コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町人捌き チョウニンサバキ

デジタル大辞泉の解説

ちょうにん‐さばき〔チヤウニン‐〕【町人×捌き】

中世末から近世初頭にかけて、町人自治機関によって町人の間の紛争を処理したこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうにんさばき【町人捌き】

中世末から近世初期にかけて、町人自身が自分たちの間で起こった諸紛争を裁判によって処理したこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android