コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画像破壊 がぞうはかい

世界大百科事典内の画像破壊の言及

【イコノクラスム】より

…これに反し,ネストリウス派,単性論派等の東方諸教会にあっては問題とならず,また西方でも,信徒に対する純教育的見地から像礼拝が論じられたにとどまり,ギリシア教会のイコン神学は,カロリング朝神学者たちにより正しく理解されず,ニカエア公会議の教義に対し拒否的であり,ローマ教皇がその正しさを彼らに説得しなければならなかった。【渡辺 金一】
[美術]
 イコノクラスムは,狭義には8~9世紀のビザンティン帝国で起こった聖画像破壊を指すが,超越的存在,不可視の聖なるものの表現に自然的形象,特に人間像を用いることを忌避する立場は,偶像主義の美術(たとえばギリシア・ローマの自然主義的神人同形像)と対立して,美術史上広く現れている。原始宗教においては一般に超自然的存在は表されず,神道では長い間神像はなく,仏教美術でも西方から触発されるまで仏陀はもっぱら象徴(菩提樹など)によって表された。…

※「画像破壊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

画像破壊の関連キーワードニケフォルス[コンスタンチノープル]テオファネス・ホ・ホモロゲテステオドロス[ストゥディオス]コンスタンティノス(6世)グレゴリウス(2世)ヨハネ[ダマスカス]エウゲニウス2世ハギア・ソフィアビザンティン美術グレゴリウス3世ハドリアヌス1世リウトプランドニカイア公会議カトリック教会イサウリア朝テオフィルス聖画像論争宗教会議レオ3世アイドル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android