コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画文帯環状乳神獣鏡 がもんたいかんじょうにゅうしんじゅうきょう

世界大百科事典内の画文帯環状乳神獣鏡の言及

【鼉竜鏡】より

…内区の主要図像として,4ヵ所の乳(にゆう)(突起)にからむように長大な体軀をもつ怪獣像が配され,この像が古代中国の,ワニに似るという空想上の動物〈鼉竜〉を連想させることからこの名がつけられた。しかしこの怪獣像は,中国製の画文帯環状乳神獣鏡を手本とし,そこにある神仙を背にのせた竜虎のたぐいの像を見て,古墳時代の鏡工人がさらに想像をはせて独自の怪異な像に作りかえたものである。また鼉竜鏡に特徴的な,内区外周をめぐる怪鳥風の図様をならべた文様帯も,画文帯のなかの図様の一つを取り出し,怪奇な像に仕上げたものである。…

※「画文帯環状乳神獣鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

画文帯環状乳神獣鏡の関連キーワード志摩(市)鼉竜鏡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android