コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痙攣性膀胱 けいれんせいぼうこう

世界大百科事典内の痙攣性膀胱の言及

【尿】より

… したがって,膀胱の排尿を支配している中枢神経から末梢神経に至るいずれかの経路がいろいろな原因で障害をうけると排尿機構に乱れを生ずる(この状態を神経因性膀胱機能障害という)。仙髄の排尿反射中枢より上位の中枢神経障害では,膀胱に尿が充満したとき下肢が痙攣(けいれん)する痙攣性膀胱,不規則な間隔で不随意に排尿が起こる無抑制膀胱が,これより下位の反射路の障害では,尿が膀胱に充満し少しずつあふれ出る弛緩性膀胱が生じ,尿失禁,尿閉などの排尿障害が起こる。そのほか,膀胱,尿道および前立腺の疾患で,尿路の狭窄,閉塞をきたすことがあり,この場合にも,排尿し終わるのに長い時間がかかる遷延性排尿や尿意をもよおしてもなかなか尿のでない延性(ぜんえんせい)排尿,尿線細小がみられる。…

※「痙攣性膀胱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android