コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発がん物質 はつがんぶっしつ/はつがんせいぶっしつ carcinogens

2件 の用語解説(発がん物質の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

発がん物質

がんをつくる化学物質。人工的に合成された化学物質だけでなく、自然界に存在する物質もがんをつくる。アフラトキシンに代表されるカビ毒、物が燃えた時に発生するベンゾピレン、第2級アミンと亜硝酸の食べ合わせでできるニトロソアミンなど。最も強い発がん物質は、アフラトキシン。世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関は、95種のヒト発がん性物質と約300種の疑いのある物質を挙げている。アスベスト、ヒ素、ダイオキシンなどもヒトの発がん物質に分類される。ヒト発がん物質の多くは、職業上あるいは医療上などの現場で特に濃厚に接する時に問題となる。普通の人のがんで、1種類の発がん物質でがんが生じることはほとんどない。

(黒木登志夫 岐阜大学学長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

発がん物質

 発がんをもたらす物質.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発がん物質の関連キーワード化学繊維オーガニック化学物質合成保存料合成抗菌剤合成着色料人工香料人工色素ハプロ松脂岩光合成サイクル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発がん物質の関連情報