発出説(読み)はっしゅつせつ

世界大百科事典内の発出説の言及

【イブン・ルシュド】より

…彼の思想は,アリストテレス哲学に忠実であろうとしつつも,新プラトン主義の影響をぬぐいきれない。それゆえ,世界の生成について発出説をとる。すなわち,神の第一知性から順次発出が繰り返され,それは最後に質料的知性となり人間に現れる。…

※「発出説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる