発散気(読み)はっさんき

世界大百科事典内の発散気の言及

【磁石】より

…ギルバートは,磁気と電気とは異なることを明白に述べている。電気力(摩擦による)は,コハクの摩擦によって生じた〈発散気effluvia〉が放出され,それを通じて近接作用的に牽引力が伝わる。ところが磁力は,一種の遠隔作用であって,それは,物体に内在するアニマどうしの合体という形で理解すべきものということになる。…

※「発散気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android