コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井次郎右衛門 しらい・じろうえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

白井次郎右衛門

生年:生没年不詳
江戸前期,江戸本所辺に住んだ町人。椿新田開発の願人。寛文年間(1661~73)に下総国東部(千葉県)の湖水 椿海 の干拓を幕府に出願,開発請負人として辻内刑部左衛門と共に工事を開始。湖水を九十九里浜に落とす三川堀開削に着工するが,途中資力が尽きて脱落し,辻内も病没。新田開発は辻内の養子善右衛門に引き継がれた。<参考文献>『千葉県海上町史・椿新田関係史料』

(川名登)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の白井次郎右衛門の言及

【椿海干拓】より

…下総国香取,海上,匝瑳(そうさ)3郡(現在の千葉県旭市,八日市場市,香取郡干潟町,東庄町,海上郡海上町)にわたる湖,椿海の水を九十九里浜に排出した干拓事業。計画は元和年中(1615‐24)よりあったが,寛文年中(1661‐73)に江戸町人白井次郎右衛門が江戸幕府に出願,代官伊奈氏の検分を受けたが不許可となった。白井は幕府大工棟梁辻内刑部左衛門を仲間として再び出願,勘定頭の検分,普請奉行任命等を経て工事に着手した。…

※「白井次郎右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白井次郎右衛門の関連キーワード干潟(旧町名)杉山三右衛門椿海干拓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android