コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白昼の近接戦

1件 の用語解説(白昼の近接戦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

白昼の近接戦

英国の作家ダグラスリーマンがアレグザンダー・ケント名義で書いた歴史帆船小説(1974)。原題《Signal - Close Action!》。「海の勇士ボライソー」シリーズ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白昼の近接戦の関連キーワード危うし、わが祖国栄光への航海革命の海激闘、リオン湾孤高の提督旗姿なき宿敵遥かなる敵影無法のカリブ海若き獅子の凱歌若き獅子の船出

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone