コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白板昆布 しろいたこんぶ

大辞林 第三版の解説

しろいたこんぶ【白板昆布】

おぼろ昆布を削った残りの黄白色の部分。薄く削ってサバの押し鮨ずしなどに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白板昆布の言及

【とろろ昆布】より

…黒とろろは表面の黒い部分だけをのこぎり状の刃を用いて糸状に削るもので,芯の白い部分が出てくるとやめる。黒とろろを削りとったあとのものが白板昆布で,祝儀用に使われる。白とろろは白板昆布を,黒とろろ同様に削ってつくる。…

※「白板昆布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android