コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とろろ昆布 トロロコンブ

デジタル大辞泉の解説

とろろ‐こんぶ【とろろ昆布】

マコンブリシリコンブなどを削って作った食品。表面を削った黒とろろ、中心部のみを削った白とろろがある。とろろこぶ。
コンブ科の褐藻。北海道釧路(くしろ)から根室(ねむろ)の寒流に産する。粘質物を多く含み、食用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

とろろ昆布【とろろこんぶ】

コンブを加工した食品の一種。マコンブ,リシリコンブ等を酢につけ,柔らかくして削ったもの。表面に近い黒い部分をのこぎり状の刃で糸状に削ったものを黒とろろ,中心の白い部分を削ったものを白とろろという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

とろろこんぶ【とろろ昆布】

昆布を酢につけ、やわらかくしてから糸状に細長く削ったもの。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とろろこんぶ【とろろ昆布】

干し昆布を削ったもの。削り昆布ともいう。原料としてはマコンブやリシリコンブの高級品が使われ,これらを酢に浸して柔らかくしてから削る。削る部位と削り方によって,いくつかの製品がある。黒とろろは表面の黒い部分だけをのこぎり状の刃を用いて糸状に削るもので,芯の白い部分が出てくるとやめる。黒とろろを削りとったあとのものが白板昆布で,祝儀用に使われる。白とろろは白板昆布を,黒とろろ同様に削ってつくる。おぼろ昆布は,白板昆布を薄く紙のように削ったものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とろろこぶ【とろろ昆布】

〔「とろろこんぶ」とも〕
昆布を酢に浸して柔らかくし、糸状に薄く削ったもの。
褐藻類コンブ目の海藻。形は笹の葉状、長さ1~5メートル、幅7~12センチメートル。コンブに似ているが粘りがある。食用。ちぢみこぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とろろ昆布
とろろこんぶ

昆布加工品の一種。昆布に酢をふりかけて1日ぐらいねかせ、柔らかくし、糸状に削ったものである。帯状に薄く削ったものはおぼろ昆布という。手工業ではあるが、多くつくられるようになったのは江戸初期からで、歴史は古い。敦賀(つるが)(福井県)、大阪市、京都市などに加工工場が多い。とろろ昆布には黒とろろと白とろろがある。黒とろろは、酢で処理した昆布を幾枚も重ねて圧搾し、葉全体を細く削ったものである。白とろろは、昆布の表面の黒い部分を削って黒おぼろをつくったあとの、白い芯(しん)の部分を削ったものである。マコンブ、ミツイシコンブ、リシリコンブなどが用いられ、各材料によって製品の風味が異なる。しっとりした感じのものが良品である。以前は包丁を使って手で削っていたが、現在はほとんど機械で削っている。そのまま握り飯や箱ずしに巻いたり、椀(わん)に入れ、湯を注いでしょうゆを落とし、澄まし汁などにして用いる。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

とろろ昆布の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町むらさきふわりコンブ(昆布)ミツイシコンブ小さなおうどんとろろこんぶ福井県敦賀市河野友美猫足昆布利尻昆布白髪昆布真昆布がごめ縮昆布磯巻鮨巻き鮨朧昆布葉状

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とろろ昆布の関連情報