とろろ昆布(読み)トロロコンブ

百科事典マイペディアの解説

とろろ昆布【とろろこんぶ】

コンブを加工した食品の一種。マコンブ,リシリコンブ等をにつけ,柔らかくして削ったもの。表面に近い黒い部分をのこぎり状の刃で糸状に削ったものを黒とろろ,中心の白い部分を削ったものを白とろろという。なお,おぼろ昆布というのは糸状ではなく薄く幅広く削ったもので,黒おぼろと白おぼろがある。いずれもすまし汁に入れたりして用いる。また黒い部分を削りとったあとの白い板状の昆布白板昆布といい,祝儀用に用いたり,押し寿司のバッテラや魚の昆布締めなどに使う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とろろこんぶ【とろろ昆布】

干し昆布を削ったもの。削り昆布ともいう。原料としてはマコンブやリシリコンブの高級品が使われ,これらを酢に浸して柔らかくしてから削る。削る部位と削り方によって,いくつかの製品がある。黒とろろは表面の黒い部分だけをのこぎり状の刃を用いて糸状に削るもので,芯の白い部分が出てくるとやめる。黒とろろを削りとったあとのものが白板昆布で,祝儀用に使われる。白とろろは白板昆布を,黒とろろ同様に削ってつくる。おぼろ昆布は,白板昆布を薄く紙のように削ったものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とろろ昆布
とろろこんぶ

昆布加工品の一種。昆布に酢をふりかけて1日ぐらいねかせ、柔らかくし、糸状に削ったものである。帯状に薄く削ったものはおぼろ昆布という。手工業ではあるが、多くつくられるようになったのは江戸初期からで、歴史は古い。敦賀(つるが)(福井県)、大阪市、京都市などに加工工場が多い。とろろ昆布には黒とろろと白とろろがある。黒とろろは、酢で処理した昆布を幾枚も重ねて圧搾し、葉全体を細く削ったものである。白とろろは、昆布の表面の黒い部分を削って黒おぼろをつくったあとの、白い芯(しん)の部分を削ったものである。マコンブ、ミツイシコンブ、リシリコンブなどが用いられ、各材料によって製品の風味が異なる。しっとりした感じのものが良品である。以前は包丁を使って手で削っていたが、現在はほとんど機械で削っている。そのまま握り飯や箱ずしに巻いたり、椀(わん)に入れ、湯を注いでしょうゆを落とし、澄まし汁などにして用いる。

[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とろろ‐こぶ【とろろ昆布】

※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「細君得意の早吸物━魚煎餠に蕩汁昆布(トロロコブ)と云ふので」

とろろ‐こんぶ【とろろ昆布】

〘名〙
① 褐藻類コンブ科の海藻。北海道東南岸、千島の沿岸の岩礁上に生える。葉状体は扁平な細長い帯状。披針形で、縦走する中帯があり、両面に凹凸がある。長さ一~四メートルくらい、幅一〇センチメートルくらい。葉部は粘液に富み、甘味がある。食用。ちぢみこんぶ。
② 乾燥した肉の厚い真昆布(まこんぶ)を酢でやわらげてから両面から削りとった昆布の加工品。醤油と熱湯をそそいで吸い物にしたり、酢の物などに用いる。
※高野聖(1900)〈泉鏡花〉二「とろろ昆布(コンブ)の味噌汁」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報