白瑠璃碗(読み)はくるりわん

世界大百科事典内の白瑠璃碗の言及

【カット・グラス】より

…東洋では,パルティアやササン朝ペルシアのガラス器に広く用いられた。正倉院蔵の〈白瑠璃碗(はくるりのわん)〉は,古代に日本まで運ばれたこの種のカット・グラスの代表的な遺例である。カット・グラスは,イスラム世界においても盛行し,ヨーロッパの近世のガラス工芸にも大きな影響を与えた。…

※「白瑠璃碗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる