コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白生地 しろきじ

大辞林 第三版の解説

しろきじ【白生地】

まだ染めていない、白い生地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白生地の言及

【織物】より

…しかし乱後の1513年(永正10)京都では練貫(ねりぬき)方という機業団体と大舎人(おおとねり)方と称する一団とが,綾織物の製織に関する独占権をめぐって争いを起こしており,乱後三十数年間に京都の機業がある程度復興していた実情を示すといえよう。練貫方は経に生糸,緯に練糸を用いた白生地の練緯(ねりぬき)を主力に生産してきた機業集団で,需要が増えるにしたがって筋(すじ)(縞),隔子(こうし)(格子縞),あるいは縬(しじら)なども織るようになり,さらに文様を織り出す綾織物にまで進出した。一方,大舎人方は,かつての織部司の伝統を継ぐ織手たちの集団であり,いわば京都の伝統的機業の正系派であった。…

※「白生地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白生地の関連キーワード浅蔵 五十吉丹後ちりめん五泉[市]錦紗縮緬シフォン三河木綿丹後縮緬絵羽模様後染物麻織物熨斗目羽二重色無地付下げ綿織物地紋紋付染織白絹御召

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白生地の関連情報