白色コーニッシュ[種](読み)はくしょくこーにっしゅ

世界大百科事典内の白色コーニッシュ[種]の言及

【ニワトリ(鶏)】より

…最近では発育の早い一代雑種や三元交雑種,四元交雑種の雛を,生後8~10週で体重1000~1800gにまで育てあげて利用するブロイラー養鶏が盛んになってきた。この場合,雄の系統としていちばん多用されるのは白色コーニッシュ種White Cornishである。本種はイギリスの闘鶏用の品種に,白色マレー種,シャモなどを交配して作出したもので,三枚冠で,耳朶(じだ)は赤く,皮膚は黄色い。…

※「白色コーニッシュ[種]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android