白茅根(読み)はくぼうこん

世界大百科事典内の白茅根の言及

【チガヤ】より

…学名の基本変種I.cylindrica (L.) P.Beauv.は茎の節に毛のないやや大型の種で地中海地方に見られる。根茎が漢方薬の白茅根(はくぼうこん)で,止血,利尿,発汗の効がある。チガヤの若い花序がまだ葉鞘(ようしよう)内にあるものは甘味があり,子どもはツバナといって食べる。…

※「白茅根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる