百五減算(読み)ひゃくごげんざん

世界大百科事典内の百五減算の言及

【算術】より

…これもねずみ算式増大の例といえる。
[百五減算]
 ある数を,3,5,7で割ったときの余りを指示して,もとの数を求める問題である。105は3,5,7の最小公倍数ゆえ,一つの答えがαであれば,α+105n(n=0,±1,±2,……)が答えの全部である。…

【数学パズル】より

…しかし,数学パズルとしての独自の認識がもたれたのは15~16世紀のころで,世界最初の本格的な数学パズルの専門書は17世紀の初期に刊行されている。これは,フランスの数学者バシェC.G.Bachet,Sieur de Meziriac(1581‐1638)著の《愉快で楽しい問題》(1612)で,百五減算や魔方陣の作り方などを含めて40題を収録している。日本では,田中由真(1651‐1719)著の《雑集求笑算法》(1698)がもっとも古く,小町算や目付字などを含めて22の題材を扱っている。…

※「百五減算」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android