百年河清を俟つ(読み)ひゃくねんかせいをまつ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゃくねん【百年】=河清(かせい)を[=黄河(こうが)の澄(す)むを]俟(ま)

常に濁っている黄河の水の澄むのを百年もかかって待つの意。いつまで待っていても実現のあてのないことをいう。河清を俟つ。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉貧書生「片手間の勉強で成効しやうてのは百年黄河の澄むを待(マツ)やうなもんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

百年河清を俟つ

いくら待ってもむだであること。時間が経過しても根本的な解決につながらないことのたとえ。

[使用例] 下手をすると百年清をまつというようなことにもなりかねない[中野好夫はまだ癒えていない|1958]

[解説] 「河」は、黄河黄土地帯を通過するこの大河は、黄土を含んで黄褐色に濁り、澄むことはありません。その黄河の水が澄むのを百年も待つ

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる