河清を俟つ(読み)かせいをまつ

精選版 日本国語大辞典「河清を俟つ」の解説

かせい【河清】 を 俟(ま)

黄河の澄むのを待つように、いつまで待っても実現のあてのないこと。
※本朝文粋(1060頃)一・菟裘賦〈兼明親王〉「俟河清日、浮雲幾春」 〔春秋左伝‐襄公八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android