益子参考館

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

益子参考館

1977年に開館。浜田庄司(1894~1978)の自邸をそのまま活用し、自身の作品と国内外で収集した工芸品を展示している。生前の建物のうち、江戸後期の建築とされる母屋(町指定文化財)は89年に町中心部にある町営の「陶芸メッセ・益子」に移築された。現在は細工場のほか、江戸末期の建築で42年に移築された「上台」、43年建造で135平方メートルもある登り窯と塩釉窯、赤絵窯、大谷石製の石蔵2棟、長屋門などがある。次男の浜田晋作さんが館長兼理事長の財団法人が運営する。

(2010-11-05 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の益子参考館の言及

【浜田庄司】より

…55年重要無形文化財保持者に指定され,さらに多年にわたる民芸運動の功績で68年文化勲章を受章した。また柳宗悦の没後,62年から2代目日本民芸館館長として全世界の民芸品蒐集に尽力,77年彼個人の収蔵品で自宅に益子参考館を開設している。著書に《無尽蔵》《窯にまかせて》の随筆集がある。…

※「益子参考館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

益子参考館の関連情報