コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接感染 チョクセツカンセン

デジタル大辞泉の解説

ちょくせつ‐かんせん【直接感染】

接触感染

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の直接感染の言及

【感染】より


[感染経路]
 病原微生物が生体に侵入する経路を感染経路route of infectionという。感染経路は,感染源から直接に伝染する直接感染と,排出された病原微生物が媒介物を介して間接に伝染する間接感染とに大別される。直接感染には,接触により直接に伝染する接触感染と,病原体を含んだ気道分泌物や唾液が飛沫となって,患者の咳やくしゃみによって飛び散り,これを他の生体が吸い込んで伝染する飛沫感染があるが,飛び散った飛沫が空気で運ばれたのちに,他の生体に伝染する場合は空気感染と呼ぶ。…

※「直接感染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直接感染の関連キーワード口腔カンジダ症(鵞口瘡)細菌性(化膿性)髄膜炎炭疽(脾脱疽)人獣共通感染症リーシュマニア尿路感染症クロボキン西ナイル熱感染経路腱鞘炎感染症水痘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直接感染の関連情報